GAP ACCESSの売掛債権担保融資

売掛債権担保融資は、事業規模に応じた資金をご融資する商品です。
売掛債権担保融資は、不動産担保や第三者保証人に依存しない融資として、多くの中小事業者に利用されています。

事業力は優れているのに、資金調達が追い付かない。
そうした隔たりをつなぐ架け橋として、
お客様の将来の事業戦略、事業への熱い想いを理解して共有し、 中長期の目線から最適なソリューションを提供します。

売掛債権担保融資業務に長年従事してきた社員が、お客様の持つ売掛債権を丁寧に確認・評価させていただきます。
他の金融機関やノンバンクで取り組みできなかったお客様でも検討可能です。是非ご相談下さい。
全員が金融機関出身者です。お客様の悩みをどこよりも親身になってお聞きし、解決に向けて様々なお手伝いをさせていただきます。
最短2週間程度で大型融資が可能です。


次のような理由で新規資金の調達が難しいお客様は、お気軽にご相談下さい

  • 急成長しているのに設立後間もない等の理由で
    金融機関の審査がとおりづらい

  • 税金・社会保険の納付が遅れている

  • 決算が赤字、債務超過

  • 過去の法人・代表者の信用情報が
    審査に影響してしまう

  • 既存借入がリスケジュール中

  • 民事再生等の法的手続の終結後
    または手続中


当社の売掛債権担保融資の特徴

  • point1

    売掛先への通知・承諾は原則不要

    売掛先への通知・承諾を得て融資実行するケースもございます。 ※ 但し、債権譲渡登記は必要

  • point2

    売掛先の信用力が低くてもOK

    売掛先が分散しているほど、高い担保評価が出る仕組みとなっています。分散の度合いが低くても検討は可能です。

  • point3

    比較的担保評価が出やすい業種

    運送業、卸売業(特に食品)、人材派遣業、アパレル業等

商取引は従来のまま!

ABLの仕組み

このようなケースでもご利用いただけます

  • 売掛債権担保融資により、滞納している税金や社会保険料を納付し、再び、保証協会付融資を利用できるようになった。
  • 金融機関や仕入れ先に上位の売掛先を債権譲渡しているが、それ以外の売掛債権を担保にして資金調達することができた。
  • 他社でファクタリングを利用しているが、毎月の手数料負担が大きく、肩代わり先を探している。

売掛債権担保融資の商品概要

ご利用いただける企業
継続的な売掛先を複数お持ちの企業さま
※ 建設業、不動産業、小売業のお客さまは対象外とさせていただきます
資金使途
運転資金
仕入・決算・納税・賞与の資金としてもご利用いただけます
ご利用方法
証書貸付
お借り入れ金額
原則として1,000万円以上1億円以内
(担保評価額に応じた額)
お借り入れ期間
原則として1年間(審査により借り換え継続も可能)
ご返済方法
最終回を除き、元利均等返済
(原則として一定の額を毎月返済)
最終回は残高一括返済 ※返済回数12回以内
契約利率(実質年率)
15.00%以下
手数料
お借り入れ金額の5.00%以内
中途解約手数料
最終弁済時残高の2.00%
担保
売掛債権
連帯保証人
原則として不要
諸費用
印紙代、債権譲渡登記申請費用等をご負担いただきます
遅延損害金
年率20.00%

2019年6月現在

お問い合わせ・ご相談

GAP ACCESS株式会社
お問い合わせ受付時間:9:00〜18:00(日曜日を除く)